中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 25 view

安渓の夏茶が販売開始

小暑の後に生産される安渓の暑茶(夏茶)が発売されているそうです。

 

安溪铁观音暑茶已经开始陆续上市

笔者日前从安溪茶都茶叶交易中心了解到,本季暑茶已经开始陆续上市,质量比去年的有所提高,价格基本持平。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2013/0816/article_160635.html

先日、安渓茶都の茶葉交易センターに行ってみると、今年の暑茶が既に販売を開始しており、品質は昨年よりもやや良くなり、価格はほぼ横ばいを維持しているようです。

鉄観音の暑茶とは、小暑の後に摘み取られて作られた茶葉で、年間産量の五分の一を占めます。鉄観音暑茶の全体の品質は春茶と秋茶には及びません。茶湯は春茶のように滑らかできめ細かいものでは無く、刺激感が強く、香りは秋茶に似ており、比較的強めです。今年の暑茶の品質は例年に比べて良かったのですが、その主なものとしては”茶葉を積む前に安渓の高海抜茶区では雨があり、製造時の天気が晴れて良好だった”ことが挙げられます。

伝統的な観点から行くと、暑茶の品質は最も劣りますが、最近の製造技術の進歩と市場の味の流行によって、一部の消費者は暑茶の比較的強い刺激感を好むようです。

聞くところによると、安渓の地元の人は暑茶の味を好まないようですが、そのほかの地方の人たちは暑茶の味を好むようです。専門家によると、暑茶はあまり好まれないので、茶農家にとっては利益が薄く、それは自然なことです。製品の価格は、春茶、秋茶よりも少しだけ安いので、それで主要な供給先は中低級の茶葉をブレンドしたりする大規模な茶葉会社やよその土地の茶商向けになっています。「絶対に良くないとは言えないので、鍵は消費者個人の嗜好によります」。

 

安渓の夏茶は、5分の1ほどの生産量のようですが、そのほとんどはブレンド用などの安価な材料として使われるようです。
この時期の茶葉は、時節柄、少し農薬の散布量が多いので、その点が心配なんですよね。

 

産地情報の最近記事

  1. 六堡茶の生産量、年末には2万トンに達する見込み

  2. 今年の鉄観音秋茶はコスパ良好

  3. 台湾人が開拓し、地元に根ざす”大陸阿里山”

  4. 雲南省広南県、抹茶生産で戦略提携

  5. 英徳茶の過去・現在・未来

関連記事

PAGE TOP