中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 産地情報
  2. 50 view

安渓鉄観音の春茶は減産の見込み

低温と長雨の影響で中国緑茶は軒並み、茶摘みの遅れ→減産→価格上昇というスパイラルに入っていますが、安渓鉄観音にも影響が出そうです。

安溪铁观音春茶减产 茶商担忧价格
http://news.t0001.com/2012/0328/article_140642.html

記事によると、安渓も低温長雨の影響を受けているそうで、山岳地帯のお茶はようやく芽が出たばかりとのこと。3月17日頃からようやく気候は安定し、晴天が続いているようですが、茶の生育遅れは避けられないだろうとのこと。
そうなると春茶の減産が見込まれそうで、価格の上昇が起こるのでは、としています。
ちなみに、安渓の春茶は穀雨から立夏までに摘まれるもので、年間生産量の45%から50%を占めるそうです。

産地情報の最近記事

  1. ”水城春”、2021年の早春茶発売記者発表会と茶摘み式を開催

  2. 4枚の図で分かる普洱茶の主要産地

  3. 黄金芽の茶苗が好評

  4. 普洱茶の世界のもう一つの個性-広別老寨茶

  5. 武夷山:三代にわたる無形文化遺産の伝承人

関連記事

PAGE TOP