中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 原産地保護・ブランド
  2. 11 view

”猴坑”ブランドの争い

中国のお茶業界では、最近「ブランド」「商標」というものについての争いがよく聞かれるようになりました。
名茶・太平猴魁の里でも、色々起こっているようです。

安徽黄山:出现“猴坑”商标之争
http://news.t0001.com/2011/0314/article_121279.html

”猴坑”というのは、太平猴魁の名前の由来になった地区です。
正確には、黄山市黄山区新明郷三合村の中にある小さな村の名前です。

この地区の農協的な組織が「猴坑」ブランドを商標登録。
契約によって小売店に使わせていたそうなのですが、契約期間が満了した販売店が、契約後もその看板を取り下げず、ごねたので問題が起こったようです。

今後もこういう訴訟は増えそうな感じですねぇ。。。

原産地保護・ブランドの最近記事

  1. 国際的なお茶ブランドを目指す”華祥荘園”

  2. 景谷大白茶、地理的表示製品の現地調査を実施

  3. ”岳陽黄茶”の高鉄列車が運行開始予定

  4. EUと中国の地理的表示協定が欧州理事会で承認される(対象中国茶のリストあり)

  5. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

関連記事

PAGE TOP