中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 50 view

普洱茶

現在位置:

読み:プーアルちゃ

雲南省で生産されている黒茶。プーアル茶。地理的表示製品。
普洱府(現在の普洱市。旧名・思茅市)が集散地であったことから、この名がある。

国家標準『地理的表示製品 普洱茶』で、原産地保護範囲や品質基準などが定められている。
標準による定義としては、「原産地保護範囲内の雲南大葉種の晒青緑茶を原料とし、原産地保護範囲内で特定の加工技術を採用して生産された、独特の品質特性を有する茶」としており、加工技術と品質特性の違いから、普洱茶(生茶)と普洱茶(熟茶)の2種に分けられるとされている。
なお、原産地保護範囲は雲南省の普洱市、西双版納州、臨滄市、昆明市、大理州、保山市、徳宏州などの11の州(市)、75の県(市、区)、639の郷(鎮、街道事務所)の管轄する地域である。

 

の最近記事

  1. 第5回国家級無形遺産に8つのお茶の製造技術が認定(一覧リストあり)

  2. 登記されていない中国茶団体への注意喚起

  3. 今年の中国の荒茶生産量は300万トンを超える見込み

  4. 安渓鉄観音、今年の春茶シーズン総括

  5. 恩施玉露、ブランドの復興に向けた書籍を発刊

PAGE TOP