中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 1 view

六大分類

現在位置:

読み:ろくだいぶんるい

数多くの種類がある中国茶を分類するための考え方。
六大分類は、製法の違いに注目して茶を分類したもので、国家標準『茶葉分類』により、以下のような6種+1種に分類されている。

緑茶 ・・・ 生葉を原料とし、殺青、揉捻、乾燥などの加工技術を経ることによって、生産された製品
紅茶 ・・・ 生葉を原料とし、萎凋、揉捻(切)、発酵、乾燥などの加工技術を経ることによって生産された製品
黄茶 ・・・ 生葉を原料とし、殺青、揉捻、悶黄、乾燥などの加工技術を経ることによって生産された製品
白茶 ・・・ 特定の茶樹品種の生葉を原料とし、萎凋、乾燥などの加工技術を経ることによって生産された製品
烏龍茶 ・・・ 特定の茶樹品種の生葉を原料とし、萎凋、做青、殺青、揉捻などの特定の技術によって生産された製品
黒茶 ・・・ 生葉を原料とし、殺青、揉捻、渥堆、乾燥などの加工技術を経ることによって生産された製品

再加工茶 ・・・ 茶葉を原料とし、特定の技術を用いて加工され、人々の飲用あるいは食用に供される製品

※生葉とは、カメリア・シネンシスの茶樹から摘み取られた、芽・葉・柔らかい茎のこと。茶葉とは、生葉を加工して作られた、無添加の製品。

六大分類は、学術的には茶葉を分類するためのものであるが、消費者の視点に立つと、お茶の大まかな個性と淹れ方を知るための手がかりとなる。

 

 

の最近記事

  1. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  2. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  3. 外交部主催のイベントで福建茶を紹介

  4. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  5. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

PAGE TOP