中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 81 view

発酵

発酵

現在位置:

読み:はっこう

茶に関する”発酵”には2つの種類がある。

・微生物によるもの
黒茶などにおいて、微生物が関与して茶葉の内容成分が変化すること(渥堆)。

・酸化酵素(ポリフェノールオキシダーゼ)の働きによる酸化
茶葉自身が持つ酸化酵素の働きで、茶葉に含まれるポリフェノール(カテキン等)が酸化し、重合して色素などに変化していくこと。
本来は発酵という用語よりは”酸化”の方が適切であるが、茶については慣用的に酸化反応についても”発酵”という表現を用いている。
この意味での発酵については、国家標準では「一定の温、湿度の条件の下で、ポリフェノール類物質が酵素によって酸化されることを主体とした生葉における内容物の発生によって、葉が紅く変化するプロセス」と定義している。

 

の最近記事

  1. 福建省福鼎市、”世界白茶発祥地”の称号を得る

  2. 「中国の伝統製茶技術とその関連習俗」が世界無形文化遺産に登録決定

  3. 安徽省祁門県、安茶の生産が最終段階に

  4. 「農産品地理標志」の新規登録が廃止。「国家地理標志産品」に一本化へ

  5. 「第2回世界紅茶製品品質審査」結果が公表される

PAGE TOP