中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 科学と機能性
  2. 6 view

金花菌の測定技術研究プロジェクトが終了

茯茶の金花はまだ未知の部分が多いのですが、福建省の品質検査院が研究を進めていた測定プロジェクトが一定の形になったようです。

福建省质检院科技项目“黑茶中益生军菌冠突散囊菌的检测技术研究”通过验收

3月27日,由省质检院承担的国家质检总局科技计划项目“黑茶中益生军菌冠突散囊菌的检测技术研究” 顺利通过专家组验收,该项目达到国内领先水平。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/2014/0331/article_168742.html

3月27日、福建省品質検査院が請け負った、国家品質検査総局の科学技術計画プロジェクト”黒茶中の有益菌である冠突散囊菌の測定技術研究”が専門家チームの検査を無事に通過し、このプロジェクトは国内のトップ水準となりました。

冠突散囊菌は茯磚茶が特定の温度・湿度の条件にあるとき、”発花”の工程を得て成長する自然の有益菌類で、有益菌に属します。
この方法は黒茶に含まれる有益菌群である冠突散囊菌の測定において、より正確で客観的な方法を提供するために開発され、茯磚茶の現在の国家標準をさらに進める上で有益なものです。同時に、この研究プロジェクトの成果は、茶農家や関連企業へ茯磚茶の品質を高める指導にも繋がり、よりよい社会的な価値と現実的な意義を持つものです。

 

冠突散囊菌の測定方法をどうやら福建省の研究機関が開発したようです。
今後は、この菌がどのくらいの数あるのか、といったことも科学的に分析できるようです。
地味なようですが、今後の研究に役立つ基礎技術になりそうですね。

科学と機能性の最近記事

  1. 茯茶の金花が特別なところ

  2. 安渓鉄観音の保健機能、研究成果発表

  3. お茶は冷蔵庫で保管すべきか

  4. 安徽農業大学、黄大茶の血糖低下機能を発見

  5. 安渓鉄観音、高度加工が進む。茶酒や茶飲料へ

関連記事

PAGE TOP