中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 97 view

正山小種

現在位置:

読み:せいさんしょうしゅ

福建省武夷山市で生産されている紅茶。地理的表示製品。
小種紅茶に分類され、松の木で燻す工程を経ることでつく、独特の香りに特徴がある。
福建省の地方標準『武夷紅茶』で厳密な定義が行われており、正山小種とは「有性繁殖を行った武夷菜茶(在来種)の芽葉を用いて、伝統的な加工工工程で生産された紅茶」とされている。無性繁殖品種を用いたものは「小種」として区別されている。

の最近記事

  1. 第5回国家級無形遺産に8つのお茶の製造技術が認定(一覧リストあり)

  2. 登記されていない中国茶団体への注意喚起

  3. 今年の中国の荒茶生産量は300万トンを超える見込み

  4. 安渓鉄観音、今年の春茶シーズン総括

  5. 恩施玉露、ブランドの復興に向けた書籍を発刊

PAGE TOP