中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 1 view

正山小種

現在位置:

読み:せいさんしょうしゅ

福建省武夷山市で生産されている紅茶。地理的表示製品。
小種紅茶に分類され、松の木で燻す工程を経ることでつく、独特の香りに特徴がある。
福建省の地方標準『武夷紅茶』で厳密な定義が行われており、正山小種とは「有性繁殖を行った武夷菜茶(在来種)の芽葉を用いて、伝統的な加工工工程で生産された紅茶」とされている。無性繁殖品種を用いたものは「小種」として区別されている。

の最近記事

  1. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  2. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  3. 外交部主催のイベントで福建茶を紹介

  4. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  5. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

PAGE TOP