中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 38 view

工夫紅茶

現在位置:

読み:くふうこうちゃ、コンフーこうちゃ

発酵工程において、カット(揉切)を行わずに、揉捻のみで発酵を促して作る製法で作った条形の紅茶。

国家標準では、「揉捻などの加工技術を採用し製造された条形の製品」と定義されている。

揉捻を繰り返して、発酵をゆっくり進めていくことや精製工程において大変手間がかかることから、この名がある。
※手間をかけることを”工夫”という。

Tags:

の最近記事

  1. プーアル茶の煎が効く理由

  2. 浙江省紹興市柯橋区、花香型紅茶の研修会を実施

  3. 寒露、安渓鉄観音の茶王が生まれる時期

  4. 中国の消費者の茶葉情報の入手ルート、52.1%は親しい友人のクチコミ

  5. 台湾との合弁企業が生産する信陽烏龍茶

PAGE TOP