中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 17 view

工夫紅茶

現在位置:

読み:くふうこうちゃ、コンフーこうちゃ

発酵工程において、カット(揉切)を行わずに、揉捻のみで発酵を促して作る製法で作った条形の紅茶。

国家標準では、「揉捻などの加工技術を採用し製造された条形の製品」と定義されている。

揉捻を繰り返して、発酵をゆっくり進めていくことや精製工程において大変手間がかかることから、この名がある。
※手間をかけることを”工夫”という。

Tags:

の最近記事

  1. 2021年の初摘みイベント、貴州省普安県で開催

  2. 中国茶の機械化が進まない理由

  3. シェ族:豊かな茶文化を持つ人々

  4. 第2回国際祁門紅茶大会が開催される

  5. 黄金芽の茶苗が好評

PAGE TOP