中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 3 view

大紅袍

現在位置:

武夷山で生産されている烏龍茶。武夷山大紅袍の名で地理的表示製品となっている。
武夷岩茶を代表する四大名欉の1つ。
さまざまな伝説を持つ6本の母樹が武夷山・九龍窠の岩肌に現存しており、このお茶が20g19万8千元で取引されたことが話題となった。

現在、一般的に入手できるものは、
1.大紅袍のイメージに近づけていくつかの品種をブレンドしたお茶(商品大紅袍)
2.原木の大紅袍から挿し木して増やした大紅袍品種で作ったお茶(純種大紅袍)
のいずれかである。

国家標準『武夷岩茶』によれば、大紅袍の製品定義に品種は含まれていないため、原産地や品質などの定義をクリアしていれば、上記のいずれも本物とされる。
なお、国家標準『烏龍茶 第8部分:大紅袍』が作成予定となっており、その定義次第では、上記の定義は変化する可能性がある。

 

の最近記事

  1. 日本と貴州のお茶の縁

  2. 径山、禅茶文化の中心地に

  3. 浙江省泰順の全省茶歌大会

  4. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  5. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

PAGE TOP