中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 1 view

武夷茶

現在位置:

読み:ぶいちゃ

武夷山産のお茶の意。
歴史的に、武夷山からヨーロッパ向けに輸出されたお茶を武夷茶(Bohea)と呼んでいた。

このお茶の内訳については諸説あり判然としていないが、今で言うところの武夷岩茶のみならず、武夷山の紅茶(正山小種)や緑茶なども含まれていたことが考えられる。

 

の最近記事

  1. 六大分類を網羅する開化県の茶業者

  2. 湄潭翠芽、公共ブランドとして登録

  3. 外交部主催のイベントで福建茶を紹介

  4. 中国の”国際飲茶日”提案、FAO総会を通過

  5. 勐庫古茶園と茶文化、世界農業遺産準備リストに登録

PAGE TOP