中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 68 view

毛蟹

毛蟹

現在位置:

読み:けがに・マオシェ

主に福建省南部で生産されている烏龍茶。
毛蟹という品種を用いて作られている。
毛蟹という名前は、歯の裏のギザギザの部分が蟹のようであるとして名付けられた、とされている。
安渓では、鉄観音と同様の製法で製茶されている。

の最近記事

  1. 福建省北部で樹齢300年の古茶樹が発見される

  2. お茶を飲む人がよく使う”回甘”とは何か?

  3. 2023年普洱春茶の荒茶最高価格は、曼松・王子山古樹の1kg5万元

  4. 連休で賑わう貴州省湄潭県の中国茶海景区

  5. 「工夫茶」と「功夫茶」の違いとは?

PAGE TOP