中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 53 view

金駿眉

現在位置:

読み:きんしゅんび

正山小種の高級ブランドとして開発された新しいタイプの紅茶。
海抜1200m~1800mほどの高山で摘まれた新芽だけを使って作られる。
1斤につき新芽を6万~8万個使うため、茶摘みから仕上げに掛かる労力が多く、トップブランドとされている。
薫香は比較的軽いかほとんどなく、甘みのある味わいを重視したお茶に仕上がっている。

2015年公布の業界標準『金駿眉茶』により、原産地の保護範囲は武夷山市星村鎮の桐木村を中心とした自然保護区内と定められた。

の最近記事

  1. 2021年の中国茶の輸出量は36.9万トン、5.9%の増加に

  2. 2022年の早春茶、茶摘み・販売が既に始まった地域も

  3. 中国美人茶の郷・大田県、台湾系企業が東方美人茶を導入

  4. 『西湖龍井茶保護管理条例』が成立。来年3月より施行、罰則強化へ

  5. 広州茶博会が開幕、今年の茶葉生産量は300万トン越えの推計

PAGE TOP