中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 67 view

黄金桂

現在位置:

読み:おうごんけい

主に福建省安渓県で生産されている烏龍茶。
製法自体は鉄観音と特に変わりがないが、黄棪(黄金桂)という品種で作られている点に違いがある。

黄金桂は別名・透天香と呼ばれるように、香りの高さに特徴のあるお茶であるとされている。
日本では伊藤園より”金の烏龍茶”という名前で商品化されており、名前が知られている。

別名:黄棪、黄旦、透天香など

国家標準『烏龍茶 第3部分:黄金桂』で製品と品質の定義がなされており、現在は安渓以外の地域でも生産が行われている。

の最近記事

  1. 2021年の中国茶の輸出量は36.9万トン、5.9%の増加に

  2. 2022年の早春茶、茶摘み・販売が既に始まった地域も

  3. 中国美人茶の郷・大田県、台湾系企業が東方美人茶を導入

  4. 『西湖龍井茶保護管理条例』が成立。来年3月より施行、罰則強化へ

  5. 広州茶博会が開幕、今年の茶葉生産量は300万トン越えの推計

PAGE TOP