中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 66 view

大禹嶺

現在位置:

読み:だいうりょう

台湾中部の梨山付近にある、台湾最高地の茶園があるされてきた場所。標高は約2600mで、梨山茶区に属する。
数軒の茶農家が茶園を開拓し、それぞれの茶園は省道8号線の何kmポスト付近にあるかで表現されていたため、大禹嶺105K、大禹嶺103Kのように呼称されてきた。
しかし、土地の使用用途の問題から、2015年秋に最大規模の茶園(105K)が政府によって伐採されて廃園となっており、現在は産量が激減している。
現在は近隣地域の碧緑渓などのものを「大禹嶺」と称して流通させていることが多いようである(大禹嶺90Kなど)。


大きな地図で見る

Tags:

の最近記事

  1. ”水城春”、2021年の早春茶発売記者発表会と茶摘み式を開催

  2. 普洱茶の地理的表示マークがリニューアル

  3. 4枚の図で分かる普洱茶の主要産地

  4. 2021年の初摘みイベント、貴州省普安県で開催

  5. 中国茶の機械化が進まない理由

PAGE TOP