中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 52 view

丹岩区

現在位置:

読み:たんがんく

2002年版の国家標準『武夷岩茶』(改訂につき現在は無効)によって定義された、武夷岩茶の生産範囲の1つ。
武夷山風景区内を除く、武夷山市全域を指し、多くは洲茶もしくは外山とされてきた地域である。
生育条件などが正岩茶地域とは異なるため、いわゆる岩韻の特徴は薄くなりがちである。

2002年版の国家標準では、名岩区と周辺の丹岩区で生産されたものを武夷岩茶と呼んでいた。
しかし、名岩区は面積も狭く、生産量には限りがあることから、2006年版の国家標準からは、名岩区と丹岩区の区分は廃止され、武夷山市内で生産するお茶を区別無く武夷岩茶と呼ぶことになった。

 

Tags:

の最近記事

  1. プーアル茶の煎が効く理由

  2. 浙江省紹興市柯橋区、花香型紅茶の研修会を実施

  3. 寒露、安渓鉄観音の茶王が生まれる時期

  4. 中国の消費者の茶葉情報の入手ルート、52.1%は親しい友人のクチコミ

  5. 台湾との合弁企業が生産する信陽烏龍茶

PAGE TOP