中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 58 view

単叢

現在位置:

読み:たんそう

元は、”1本の木”という意味。単欉とも。
転じて、鳳凰単叢などの広東烏龍を指すことも多い。

チャノキは自家受粉による繁殖ができないため、茶の種から増やす実生繁殖では、交雑種のみが増えることになる。

特に香り豊かな鳳凰水仙種の場合は、芳香成分の差がはっきりと異なってしまう。
そのため、「それぞれの木の特性を活かすよう1本の木から採れた茶葉で、1ロットの茶を作っていた」というのが名前の由来である。

なお、現在では挿し木による繁殖法が広まっているため、単叢と表記されていても、厳密な意味で1本の木から作っているとは限らない。

単叢か単欉のいずれが正しいか、という論争もあった。
が、2010年の広東省の地方標準は『鳳凰単叢(欉)茶』であり、2017年の国家標準は『烏龍茶 第6部分:単叢』という表記で、いずれも木偏のないものが優先されている。

の最近記事

  1. 第5回国家級無形遺産に8つのお茶の製造技術が認定(一覧リストあり)

  2. 登記されていない中国茶団体への注意喚起

  3. 今年の中国の荒茶生産量は300万トンを超える見込み

  4. 安渓鉄観音、今年の春茶シーズン総括

  5. 恩施玉露、ブランドの復興に向けた書籍を発刊

PAGE TOP