中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 19 view

阿里山烏龍茶

現在位置:

読み:ありさんうーろんちゃ

台湾の阿里山一帯で生産されている高山烏龍茶。
現在は、嘉義県阿里山郷、竹崎郷、梅山郷、番路郷、中埔郷、大埔郷などの海抜1000m~1700mの地域を、大阿里山茶区としている。
産地が広範にわたり、地勢や土壌などの生育条件が異なるため、樟樹湖、太和、石卓などの地域名を冠して販売されることも。

阿里山は風光明媚な観光地としても知られており、高山烏龍茶のブランドとしてもっとも成功している例の1つと言える。
品種は青心烏龍種の他、金萱種なども生産されており、その場合は阿里山金萱烏龍茶などのように表記されていることが多い。

 

の最近記事

  1. 2021年の中国茶の輸出量は36.9万トン、5.9%の増加に

  2. 2022年の早春茶、茶摘み・販売が既に始まった地域も

  3. 中国美人茶の郷・大田県、台湾系企業が東方美人茶を導入

  4. 『西湖龍井茶保護管理条例』が成立。来年3月より施行、罰則強化へ

  5. 広州茶博会が開幕、今年の茶葉生産量は300万トン越えの推計

PAGE TOP