中国茶ファンのためのデータベース&ニュース

  1. 34 view

阿里山烏龍茶

阿里山烏龍茶

現在位置:

読み:ありさんうーろんちゃ

台湾の阿里山一帯で生産されている高山烏龍茶。
現在は、嘉義県阿里山郷、竹崎郷、梅山郷、番路郷、中埔郷、大埔郷などの海抜1000m~1700mの地域を、大阿里山茶区としている。
産地が広範にわたり、地勢や土壌などの生育条件が異なるため、樟樹湖、太和、石卓などの地域名を冠して販売されることも。

阿里山は風光明媚な観光地としても知られており、高山烏龍茶のブランドとしてもっとも成功している例の1つと言える。
品種は青心烏龍種の他、金萱種なども生産されており、その場合は阿里山金萱烏龍茶などのように表記されていることが多い。

 

の最近記事

  1. 福建省北部で樹齢300年の古茶樹が発見される

  2. お茶を飲む人がよく使う”回甘”とは何か?

  3. 2023年普洱春茶の荒茶最高価格は、曼松・王子山古樹の1kg5万元

  4. 連休で賑わう貴州省湄潭県の中国茶海景区

  5. 「工夫茶」と「功夫茶」の違いとは?

PAGE TOP