メインメニュー

中国茶ワードバンク

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん
ひらがな  カタカナ  アルファベット  数字  記号  漢字  すべて
じゅうねん

揉捻

製茶の工程の1つで、茶葉に揉みを加えて、形作ること。

揉捻の狙いはお茶によって異なるが、以下のような効果を狙っている。

・茶葉の外観の形をつくる(整形)
・茶の細胞組織を破壊し、成分を抽出しやすくする(茶の出をよくする)
・(殺青を行う前に実施する場合)発酵を促す


日本の煎茶が1~2煎程度で出きってしまうのに対し、中国茶の煎がしばらく続くのは、この揉捻の工程によるところも大きい。
手揉み茶のように針状に仕上げるとなると、茶葉のさく状組織の破壊が大きくなり、茶液がすぐに抽出されるからである。
反面、中国茶の揉捻は、そこまでの組織破壊を行わないケースが多いため、茶液の抽出がゆるやか=煎が効く、ということになる。
関連ワード:
参考文献:
関連サイト:

PR

Powered by Xwords  based on Wordbook
閲覧者のコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
CTTea.infoについて | ご利用にあたって | 運営者情報 | 広告掲載について | お問い合わせ | サイトマップ Copyright © 2008-2017 Teamedia LLC All Rights Reserved.