メインメニュー

中国茶ワードバンク

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん
ひらがな  カタカナ  アルファベット  数字  記号  漢字  すべて
この分類での新着
発酵  [2013-11-11]
室内萎凋  [2013-11-11]
清香  [2013-11-11]
萎凋  [2013-11-11]
揉捻  [2013-11-11]
この分類での人気
殺青  [32631hit]
清香  [26791hit]
萎凋  [20755hit]
渥堆  [18471hit]
室内萎凋  [16353hit]

製法

(1) 2 »

青茶

読み:あおちゃ  解説:半発酵茶。茶摘み後、酸化発酵を促したのちに殺青を行ったお茶。発酵の...

渥堆

読み:あくたい  解説:黒茶特有の製造工程。茶葉に水分を含ませた後に積み重ね、高温多湿の状...

萎凋

読み:いちょう  解説:摘んできた茶葉を萎れさせて、水分を飛ばしていくこと。この際、若干の...

乾燥

読み:かんそう  解説:茶葉の水分を飛ばす工程。チャは水分量が6%を越えると水が溶剤として...

黄茶

読み:きちゃ  解説:弱後発酵茶。黄葉黄湯になるのが特徴。緑茶とほぼ同じ工程を経て製茶さ...

工夫紅茶

読み:くふうこうちゃ・コンフーこうちゃ  解説:伝統的な製法で作った紅茶。揉捻を繰り返して、発酵をゆっくり進めてい...

黒茶

読み:くろちゃ  解説:後発酵茶。緑茶と同様の製法でつくられた原料茶(毛茶)を、微生物の働...

紅砕茶

読み:こうさいちゃ  解説:紅茶の製法の1つで、いわゆるブロークンティー。細かくカットするため...

烘青緑茶

読み:こうせいりょくちゃ  解説:製法による緑茶の分類の1つで、釜炒りで殺青した後、焙籠もしくは電気...

紅茶

読み:こうちゃ  解説:全発酵茶。茶摘み後、酸化酵素の作用を促し、発酵を進めたお茶。葉っぱ...

殺青

読み:さっせい  解説:茶葉には酸化酵素が含まれており、茶摘みをして放っておくと自動酸化作...

三紅七緑

読み:さんこうしちりょく(サンホンチーリュイ)  解説:武夷岩茶の適正発酵の状態。葉の周りの部分が赤くなり、内部は緑のまま...

室内萎凋

読み:しつないいちょう  解説:室内で行う萎凋のこと。緩やかに水分を抜くとともに、発酵を少しずつ進...

揉捻

読み:じゅうねん  解説:製茶の工程の1つで、茶葉に揉みを加えて、形作ること。揉捻の狙いはお...

熟成

読み:じゅくせい  解説:作ったお茶をしばらく保存して、味や香りを整えること。新茶=作りたて...

熟茶

読み:じゅくちゃ  解説:プーアル茶の場合は、渥堆の工程を経たお茶のこと。烏龍茶の場合は、火...

條型包種茶

読み:じょうけいほうしゅちゃ  解説:包種茶のうち、細長い條型に製茶されたもの。文山包種茶が代表例。

小種紅茶

読み:しょうしゅこうちゃ  解説:製茶後、煙で燻す製法を用いる紅茶。独特の香りがつく。地元産の松の木...

炒青緑茶

読み:しょうせいりょくちゃ  解説:製法による緑茶の分類の1つで、釜炒りで仕上げる緑茶のこと。乾燥工程...

蒸青緑茶

読み:じょうせいりょくちゃ  解説:製法による緑茶の分類の1つで、蒸気の熱で殺青を行う製法の緑茶のこと...


(1) 2 »

PR

Powered by Xwords based on Wordbook
CTTea.infoについて | ご利用にあたって | 運営者情報 | 広告掲載について | お問い合わせ | サイトマップ Copyright © 2008-2017 Teamedia LLC All Rights Reserved.