メインメニュー

中国茶ワードバンク

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん
ひらがな  カタカナ  アルファベット  数字  記号  漢字  すべて
この分類での新着
Bohea  [2010-4-7]
茶馬司  [2010-4-7]
茶馬古道  [2010-4-7]
茶疏  [2010-4-7]
散茶  [2010-4-7]
この分類での人気
大観茶論  [1591hit]
龍団鳳餅  [1224hit]
七碗詩  [1158hit]
団茶  [1096hit]
Bohea  [1090hit]

歴史

研膏茶

読み:けんこうちゃ  解説:中国でかつて作られていた固形状のお茶のこと。宋代の頃には、墨を模し...

散茶

読み:さんちゃ  解説:茶を搗き固めず、リーフの状態を保持して製造されたお茶。団茶の対義語...

七碗詩

読み:しちわんし  解説:唐代の詩人、廬仝が孟諌議に宛てた文章の中の一節。「茶歌」「七碗詩」...

大観茶論

読み:だいかんちゃろん  解説:北宋の徽宗皇帝が著したとされる書物。当時の茶文化について、茶筅の利...

団茶

読み:だんちゃ  解説:かつて中国で作られていた固形のお茶のこと。このお茶を崩して挽いたも...

茶経

読み:ちゃきょう  解説:8世紀中頃に陸羽によって著された、茶に関する書物。一之源から十之図...

茶疏

読み:ちゃそ  解説:許次紓によって著された書物。明代の茶書の中でもっとも優れているとい...

茶馬古道

読み:ちゃばこどう  解説:雲南からチベットへ至る道のこと。唐代から交易が始まり、全盛期は20世...

茶馬司

読み:ちゃばし  解説:茶葉の交易を管理するために設置された役所。辺境の遊牧民から馬を手に...

闘茶

読み:とうちゃ  解説:お茶の良し悪しや点てる腕を競い合う遊び。唐代から始まり、宋代に最盛...

僮約

読み:とうやく  解説:紀元前59年後に王褒によって書かれた、主人と奴隷との契約文。この中に...

武夷茶

読み:ぶいちゃ  解説:武夷山産のお茶の意。歴史的に、武夷山からヨーロッパ向けに輸出された...

法門寺

読み:ほうもんじ  解説:陝西省にある寺院。唐代の茶道具とみられる遺物が出土し、当時の茶文化...

北苑茶園

読み:ほくえんちゃえん  解説:福建省北部の建安にあった宮廷専用の茶園。宋代に最盛期を迎え、龍団鳳...

Bohea

読み:ぼへあ・ぼひー  解説:ヨーロッパの文献などで見られる記述。武夷茶のこと。

龍団鳳餅

読み:りゅうだんほうへい  解説:宋の時代に作られていた献上茶。固形状で龍や鳳凰などの微細な紋が押さ...


PR

Powered by Xwords based on Wordbook
CTTea.infoについて | ご利用にあたって | 運営者情報 | 広告掲載について | お問い合わせ | サイトマップ Copyright © 2008-2017 Teamedia LLC All Rights Reserved.