中国茶ニュース
中国情報
中国情報 : 安徽農業大学、黄大茶の血糖低下機能を発見
投稿者 : arukichi 投稿日時: 2016-10-15 (571 ヒット)

安徽農業大学が黄茶の一種である黄大茶に血糖の低下機能があることを発見したとのことです。

 

安徽农大研究发现黄大茶有显著降血糖功效

   什么茶叶可以降低血糖?绿茶红茶还是其他茶叶?记者昨天在安徽农业大学采访时了解到,该校茶树生物学与资源利用国家重点实验室宛晓春教授、张劲松教授研究组在国际上首次发现,与绿茶、红茶相比,黄大茶具有显著的降血糖功效。《科学报告》近日发表了该研究成果。该校研究生韩曼曼、赵广山以及青年教师王一君为论文共同第一作者。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201610/00005518.html

 

 どのようなお茶を飲めば血糖値を下げることが出来るのでしょうか?緑茶、紅茶、それとも他のお茶でしょうか?昨日、安徽農業大学へ取材に行ったところ、同校の茶樹生物学と資源利用国家重点ラボの宛暁春教授、張勁松教授の研究チームは世界で初めて、緑茶や紅茶と比べて、黄大茶に明確な血糖低下機能があることを発見しました。『Scientific Report』で最近、この研究成果が発表されました。同校の大学院生の韓曼曼さん、趙広山さん、そして青年教師の王一君さんもこの論文の共同作者です。

 取材によると、研究チームはマウスを実験対象として、黄大茶、緑茶、紅茶のサンプルを用い、高血糖地に対する作用の研究を行いました。その結果によれば、黄大茶を飲んだマウスの空腹時の血糖値は著しく下がりましたが、緑茶と紅茶を飲んだマウスの空腹時血糖地には明らかな変化は見られませんでした。かつマウスの黄大茶の茶湯を飲んだときの耐性はとても良かったとのことです。これは黄大茶にはとても良い血糖を下げる効果があるということを示しています。

 我が国の伝統的な緑茶の産地は春の名優茶の生産が主で、夏秋茶の大部分の生葉は原料としてはやや大きく硬いため摘まれず捨てられていて、大変大きな資源の浪費になっていました。黄大茶は安徽省の特色あるお茶の種類の1つで、その葉は大きく、茎も長く、水色は黄色で、典型的な老火香(俗に”お焦げ”香と言われます)があります。その製造原料はまさに夏秋茶が主であり、この研究成果は健康志向の血糖を下げる効果を持った機能性茶製品に科学的な論拠を与えるだけではなくて、同時に夏秋茶資源の有効活用とさらなる利用を促進するための考え方も示しています。

 

黄茶は中国茶の中でも生産量は1%以下のため、これまで、あまり主要な研究対象とはなってこなかったのですが、今回のものは、かなり注目に値する機能性の報告になっているようです。

なお、同論文は『ネイチャー』の運営しているScientific Reportに掲載されています(英文です)。

http://www.nature.com/articles/srep31703
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連した記事

PR


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
サイト内検索
本日のトップニュース

本日のトップニュースはありません

ニュースカテゴリ
PR

CTTea.infoについて | ご利用にあたって | 運営者情報 | 広告掲載について | お問い合わせ | サイトマップ Copyright © 2008-2017 Teamedia LLC All Rights Reserved.