中国茶ニュース
中国情報
中国情報 : 多様化する安渓鉄観音
投稿者 : arukichi 投稿日時: 2016-05-05 (474 ヒット)

安渓鉄観音の春茶はまもなく店頭に並ぶ見込みですが、産地ではそれ以外にもさまざまな変化が起きているようです。

 

借鉴红茶制法 铁观音制作“明前茶”创新口味

   “五一”期间,安溪茶都里的茶香格外诱人。受到整体市场变化的影响,为了迎合消费者的新需求,让更多人可以通过更多渠道了解、品尝到好茶,如今的安溪茶园里飘扬的不再只有“观音韵、兰花香”,还有充满野性、可与岩茶相媲美的野生茶,有些茶企还将铁观音制成别有韵味的“明前茶”品种。“多种尝试带来了百茶争韵的景致。”业界人士说,各种新品种的开发,大大延长了春季采制茶的周期,有效带动更多茶农致富。

本篇文章来源于第一茶叶网 原文链接:http://news.t0001.com/a/201605/00004465.html

 

 ”五一”の期間、安渓茶都では茶の香りがとりわけ多くの人を引きつけています。全体の市場変化の影響を受け、消費者の新しい需要に適応し、より多くの人にさまざまなチャネルで良いお茶を理解、味わってもらうために、現在の安渓の茶園で漂っているのは、もはや”観音韻、蘭花香”だけではありません。その他にも、野生に満ちて、岩茶のような美しい野生茶があったり、ある茶葉会社は鉄安穏とは別の味わいのある“明前茶”の品種を作っています。「さまざまな試みが行われていて、百茶争韻の状況です」と業界の専門家は言います。さまざまな新品種の開発は、春茶の茶摘みのシーズンを大いに長くし、茶農家が豊かになるためにも有効です。


鉄観音=観音韻・蘭花香だけでは、正解が1つしか無くなってしまうので、さまざまなバリエーションを増やす方向に動いているようです。”明前茶”のような早生品種の導入を進めるという動きもあるようです。
これまでのビジネスモデルが成り立たない、という”新常態”の世の中になったので、数年経ったらまったく違った状況ができているかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連した記事

PR


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
サイト内検索
本日のトップニュース

本日のトップニュースはありません

ニュースカテゴリ
PR

CTTea.infoについて | ご利用にあたって | 運営者情報 | 広告掲載について | お問い合わせ | サイトマップ Copyright © 2008-2017 Teamedia LLC All Rights Reserved.